ホーム » 未分類 » 主将挨拶

 
 

主将挨拶

 
 
Share on Facebook

【 主将メッセージ 】

こんにちは。
慶應義塾體育會水上スキー部本年度主将を務めさせていただいております、花畑雄哉(ハナハタユウヤ)と申します。
まずは新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
私たち、水上スキー部は全日本学生選手権、いわゆるインカレにおいて、過去最多優勝回数を持ち、三年前に念願の慶應義塾體育會に仲間入りを果たした部活です。
ご入学された皆さんは、大学生活にきっと大きな期待をもっていることとと思います。受験を乗り換え自由な生活を送りたい人、思いっきり何かに打ち込みたい人、新しい何かに挑戦してみたい人、などなど大学生活はどんな期待にも応えられる場所です。

その中で我々水上スキー部は、新しいものに挑戦し、多くの仲間と共に本気でのめり込んで日本一を目指すことのできる、そんな部活です。
水上スキー部の大きな魅力の一つに、水上スキーが典型的なカレッジスポーツであり、ほとんどの部員は大学から始めているということがあります。部を構成する一人一人のバックグラウンドは本当にバラバラで、運動部出身もいれば、文化部出身や運動未経験者も当たり前のようにいます。そして、カレッジスポーツだからこそスタートラインは皆同じであり、4年間で最も努力した者が勝つことができます。新しい何かにのめり込んで、勝ちたいという人にとっては最高の環境であることは間違いありません。
もう一つの魅力は、「人との繋がり」です。水上スキーはまだ人口はあまり多くありません。だからこそ、人との繋がりが本当に濃いです。部員同士はもちろんのこと、OBOG会といった先輩方との繋がりはとても強く、試合でも関係者一丸となって戦い、応援します。さらには海外合宿を通じた現地の外国人スキーヤーの方々との繋がりや、他校の水上スキー部員など本当にバラエティーに富んだ人々と濃密な繋がりを得ることができます。
そして、なんといっても水上スキーは、とにかく楽しいです。水上を滑っている感覚は言葉では表しきれません。私自身、この爽快感、スポーツ自体の楽しさに魅了された者の一人です。

最後になりますが、これらの魅力は私たちの活動のほんの一部を表しているにすぎません。もうちょっと知りたいなって人や、少しでも興味をもってくれた人は、いつでも気軽に連絡してみてください!まずは一度、体験してみてはいかがでしょうか?!
待っています!

主将 花畑 雄哉